催眠状態で感じるイメージは、潜在意識から浮かんできます。

催眠中はあなたにとって、その時に必要なイメージが潜在意識から浮かんできているのです。
イメージの意味がすぐにわからなくても、流れに身を任せ、イメージが展開していくうちにご自身がテーマとする内容につながっていることがわかってきます。

ヒプノセラピーでの催眠状態は、目を閉じてリラックスしながらイメージをみたり、感じている状態です。
ヒプノセラピーの間、時には自分でストーリーを作っているのではないか?催眠にかかっていないのではないか?
と思ってしまうこともありますが、あなたの潜在意識からのメッセージなのです。

またイメージの感じ方は人それぞれです。
ヒプノセラピーはイメージを映像のように見ることを目的としていません。
感覚のタイプには、

視覚的にはっきり見える場合
感覚的にわかる場合
聴覚に敏感になる場合

があります。

感覚を細かく味わっていき、イメージやその時の感情、ふと思ったことは、今のあなたにとって必要なメッセージです。

どんな内容でもセラピストが批判したり、意見を下すことはありませんので何でもお話ください。
セラピストは、クライアントさんのお話の内容に合わせて、誘導し、セラピーを進めていきます。
自分自身に向き合う大事な時間としてご利用ください。

また、セラピー中に気になること(部屋の温度調節、姿勢を変えたい、お手洗いに行きたいなど)がありましたら、仰ってください。

クライアントさんの意思がある状態でセラピーを進めていきます。