私たちの意識は
顕在意識(全体の5-10%くらい)と潜在意識(全体の90-95%くらい)でできているといわれています。

顕在意識とは、感じたり、考えたり、分析したり、判断したりと普段意識している意識、
潜在意識とは、現在までのあらゆる記憶・情報が蓄積されている、普段意識できない意識で
幼少期~胎内期~過去世での出来事も記憶されています。

そして、潜在意識のあらゆる情報のなかでも、何度も繰り返し体験して残っている記憶と同じような情報を普段の生活でキャッチした時、大きく反応することがあります。

幼児期に親子関係でトラウマを抱えた場合、心の傷をそのままにしておくと、その後の人生の人間関係や、考え方の癖に影響します。

潜在意識の情報がその人の選ぶもの、思考、行動に影響を与え、その人の現実となります。

潜在意識の情報が人によって違うので、同じものを見てもどのように見え、感じるかは人によって違ってきます。

ヒプノセラピー(催眠療法)は、セラピストの誘導に従ってリラックスしながら潜在意識につながり
潜在意識にある感情を解放したり、トラウマとなる出来事を望む情報(イメージ)に自ら変えていくことができます。潜在意識に残ったままの不都合な記憶を書き換えることで、いままでの感情や行動のパターンの変化を目指すことができます。

ヒプノセラピーを受ける方が、潜在意識の記憶に向き合うことで癒しの効果が表れるセラピーです。