カウンセリング
はじめに相談内容について詳しくお話を伺います。
幼い頃から今置かれている環境、親子関係、会社や学校での人間関係を振り返り、思いや行動のパターンなどをお話しすることで、自分自身の気持ちを見つめなおすことができます。また、カウンセリングによりそれまで気づかなかったテーマが見つかることもあります。

今回のセッションのテーマを決める
相談内容をもとに具体的にセラピーの目的(テーマ)を一つ決めていきます。

例として

  • 普段抱えやすいある感情や思い込みの原因を探って癒したい。
  • 繰り返しやすい人間関係のパターンの原因を知り今後の変化を目指したい
  • 子どもの頃に傷ついた自分を癒す
  • 特定の人との関係を過去に遡って見直したい
また、セッション(退行催眠)の種類を決めることもできます。
  • 幼児期の記憶に遡る幼児期退行
  • 過去世での人生に遡る過去世退行
  • 気になる感情の部分にフォーカスしていくサブパーソナリティのセッション
  • 内なる子どもであるインナーチャイルドを癒すセッション  など
ヒプノセラピーの説明
初めてヒプノセラピーを体験する方にはヒプノセラピーについてのご説明をいたします。
また2回目以降の方でも、ヒプノセラピーについての疑問があればご質問ください。

※ クライアントさんのご希望のセッションを行いますが初回の方には、幼児期退行をおすすめしています。
初めてヒプノセラピーを受ける場合、幼児期のイメージは浮かびやすく、催眠に入りやすいためです。
(今起きている問題は今回の人生の中で解決できます。過去世でなければダメ、ということはありません)

ヒプノへ
はじめに深呼吸をしながら全身をリラックスしていきます。
その後イメージを広げて退行催眠に入ります。

リラックス→催眠状態→覚醒まで全てセラピストの誘導に沿って行われます。
集中力を要するので、催眠状態の時間は30分から1時間くらいです。